最新イベント

HOME > 最新イベント > 明治学院大学 生誕120周年記念 近衞秀麿 再発見 音楽家 近衞秀麿の資料を一般に初公開 シンポジウム・トークコンサート・資料展示 

明治学院大学 生誕120周年記念 近衞秀麿 再発見 音楽家 近衞秀麿の資料を一般に初公開 シンポジウム・トークコンサート・資料展示 

生誕120周年記念 近衞秀麿 再発見
音楽家 近衞秀麿の資料を一般に初公開
シンポジウム・トークコンサート・資料展示 7月28日開催 

※入場無料

NHK交響楽団の前身、新交響楽団を結成し、日本人として初めてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を正式に指揮した近衞秀麿(1898~1973)。その生誕120年を記念して、明治学院大学にてシンポジウムとトークコンサート「生誕120年周記念 近衞秀麿 再発見」が開催されます。

■シンポジウム・トークコンサート・資料展示「生誕120周年記念近衞秀麿 再発見」
■開催日時:2018年7月28日(土)13時~17時(受付開始:12時30分)
■場所:明治学院大学白金キャンパスアートホール(白金台駅、白金高輪駅徒歩7分)

【シンポジウム】 
モデレーター: 岡部真一郎 (明治学院大学文学部芸術学科教授)

第1部 個別テーマ 「近衞秀麿の人と仕事」
岩野裕一 (編集者・音楽ジャーナリスト)
近衞 一 (近衞音楽研究所理事長)
三枝まり (小田原短期大学特任講師)
楢崎洋子 (武蔵野音楽大学教授)
西原 稔 (桐朋学園大学教授)
藤田由之 (指揮者・音楽評論家)
水谷川忠俊 (近衞音楽研究所)

第2部 クロストーク「近衞秀麿の編曲 ― 音・楽譜・証言」
【トークコンサート】
水谷川優子(チェロ)、マーク・ゴトーニ(ヴァイオリン、ベルリン芸術大学教授)、黒田亜樹(ピアノ)

【資料展示】
自筆譜 指揮棒 フルトヴェングラーやストコフスキー、
リヒャルト・シュトラウスらとの交流の記録など
■入場料: 無料
■定員 : 140名
■申込締切:7月4日(水)(当日消印有効)※申込者多数の場合、抽選
■参加申込:往復はがきに郵便番号、住所、氏名、年代、性別、電話番号、
希望人数(本人含む2名まで)を明記しご応募下さい。
返信用はがきに住所・氏名をご記入ください。
【宛先】 〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37 明治学院大学芸術学科共同研究室 気付
「生誕120周年記念 近衞秀麿 再発見」実行委員会

【パネル展示】
■期間: 7月23日(月)13時~ 28日(土)
■場所: 明治学院大学パレットゾーン白金2階インナー広場
■入場: 無料
■予約: 不要

■主催:明治学院大学文学部芸術学科、明治学院大学言語文化研究所、近衞音楽研究所
■共催: 日本音楽学会東日本支部(特別研究会)、日本アルバン・ベルク協会
■助成: アサヒグループ芸術文化財団、公益財団法人ロームミュージックファンデーション
■お問合せ:「生誕120周年記念 近衞秀麿 再発見」実行委員会
2018event.konoye@gmail.com  Tel 080-4925-5634

≪ご参考≫

・近衞音楽研究所Webサイト https://konoyefoundationof.wixsite.com/mysite-1