東京都港区・白金高輪エリア(三田・高輪・白金台・白金)の魅力を発信する「プラチナたかなわ.net」
facebook
 
twitter
 
email
プラたかNET
イベント情報
白金高輪四十七氏
プラたかグルメン
白金高輪歴史探訪
施設情報

プラたかグルメン

HOME > プラたかグルメン > Gouppys Café 身体にやさしい手作りスィーツ

Gouppys Café 身体にやさしい手作りスィーツ

★Gouppys Café

営 業 日)月・水・金
営業時間)午前11時から午後6時まで ※夏季は営業時間が変更されます。詳しくはブログでご確認ください。
住  所)東海大学 高輪キャンパス3号館前
U R L )http://ameblo.jp/gouppys/

■商品情報

・チーズケーキ、かぼちゃケーキ、ガトーショコラ 各300円
・焼きりんごケーキ 250円
・はちみつカステラ 150円
・糀甘酒入り とろとろプリン 300円
・有機コーヒー 300円

■グルメンヒストリー
【凡例】
あ:安達 めぐみさん
プ:プラたか.netの中の人
崔:崔(チェ)教授

プ:いよいよ!プラたか.netのグルメコンテンツ「プラたかグルメン」のコーナーです!ぶっちゃけ早く取材に行きたくて、待ちに待っておりました!
崔:食べたいだけだね。
プ:心を読むは反則ですよ!
チ:「プラたかグルメン」第1弾は、東海大学高輪キャンパス3号館前で移動販売をされている「Gouppys Café(グーピーズカフェ)」の安達めぐみさんです。よろしくお願いします。
あ:よろしくお願いします。

プ:早速ですが、グーピーズさんは車両での移動販売をされていますよね、どうして東海大学の前で販売を始められたのでしょうか。
あ:東海大学の学生で構成されるTakanawa共育プロジェクト(TKP)を中心に、東海大学が地域に対して大変積極的に関わってくださいました。私は、メリーロード高輪という商店会に所属していたので、商店会を通じた繋がりがきっかけで、こちらで販売させています。

プ:あれ、でも良く考えたらここは東海大学の敷地ですよね。特に問題ないんですか?
崔:学生の福利厚生の一環です。いろいろなお店がキャンパス内にあった方が、学生も喜ぶのでね。
あ:学生さんとは、色々なお話が出来て、楽しいです。一緒に文化祭でカフェをしたり、就職の相談を受けたり、カップラーメンばかり食べている学生さんを見ると心配しちゃうような、もうお母さん目線ですが(笑)
崔:いつもお世話になっています(笑)

プ:学生への福利厚生と地域支援を上手く融合されていますね。以前はどちらで販売されていたのですか?
あ:最初は、高輪の一般住宅の駐車場で1年程販売していました。3年前に、東海大学の敷地を使わせていただき、当初、2号館の前でやらせていただいていましたが、お客さんから奥まっているので、こちらの方が良いというお声をいただいて、今は3号館の前で販売しています。
プ:どうして店舗ではなく、移動販売をされているのでしょうか。
あ:車両での移動販売でしたら色々なイベントに参加できるし、この小さい雰囲気も秘密基地というか、自分の世界が表現できるので。
プ:確かに、可愛らしいですね。安達さんは元々、パティシエをされていたのですか?
あ:以前はOLをしていましたよ。特に専門の学校を出ている訳では無くて、自分らしく出来る仕事を!と思い始めました。今はグーピーズをやりながら、パティシエの工房でアシスタントをし、仕込みや勉強を含めお力を借りています。
崔:ケーキ、プリンやかき氷などを販売されていますが、安達さんおススメの商品はなんですか?
プ:かき氷とかだったら記事にしにくいなぁ(笑
あ:あら、かき氷もおススメですよ。ソースにこだわっていて、パティシエ直伝のレシピで、自然素材だけで作っていて、身体に良い「てんさい糖」等を使用しています。
プ:すみませんでした。
あ:はい、イチゴとマンゴーです。召し上がれ。
 パク。
プ:美味しぃぃぃい!!お世辞0%で美味しいです!!イチゴも入って、味もイチゴです!!
崔:落ち着いて。

あ:あと、ワンワンクッキーもおススメです。
プ:ワンワン?これは、人間も食べられるんですか?
あ:食べられますが、犬用として塩分・糖分を抑えたクッキーです。ワンちゃんが大好きな「ヤギミルク」を使用しているので愛犬家の間でリピーターも多いですよ。
プ:「ヤギミルク」は初めて聞きました。
あ:犬も人間同様、健康に気を使う時代ですよねー。この辺りはカフェも少ないこともあり、犬の散歩している方だけでなく、ベビーカーの方や、自転車にお子さんを乗せた方など、普通のカフェでは気軽に入れない方が立ち寄ってくださいます。
崔:移動販売ならではの気軽さですね。
あ:気軽に移動できるので、イベントだけでなく、例えば身体が不自由な方の所にも行くことも出来ますから。
崔:グーピーズカフェのこれからのビジョンなどはお持ちなのでしょうか。
あ:私は、「身体は食べた物で出来ている」と考えているので、食は大切なことだと思っているんです。小さいお子さんでも、お母さんが安心して食べさせられるお菓子を作っています。このお仕事をしながら、自分が作れるスィーツを通じて、このグーピーズカフェに来た方が、「来てよかったなと思える空間」で、ここがコミュニティの場になれば素敵なことだと思います。
プ:家族を想う気持ちで作られたお菓子と、安達さんの温かい人柄による素敵な空間ですね。この記事をご覧になられている皆さんも、是非一度、「Gouppys Café(グーピーズカフェ)」に足を運んでみてください!